welcome to http://furaguran.blog119.fc2.com/

 スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


--/--/-- | --:--
スポンサー広告

 衿もとのお話 

やる気のあるうちに、気づいたことをまとめてみます。

まずは襟もとのお話。
前回の日記で「我が家の子達は頭が大きく襟がダランとしてしまう」というお話をさせていただきました。
わかりやすく画像で説明します。

1パタレ襟0910

★パターン;パターンレーベル14ウェイTシャツ
★生地;カブトムシ柄/HANA/MIZUKI、袖/J&B、襟/桃花

今年、夏になる前に作り、かなり着倒したパターンレーベルさんのエポーレット袖14ウェイTシャツ、ロック仕立ての襟回りです。
ダランとしてしまっているの、わかります?

私のミシンの技術の未熟さからか、洗濯時にネットにいれずに洗濯してしまっているからか、子供たちの頭が大きいからかはわかりませんが、去年の冬に作った長袖はもちろん、今回の半袖もこのようになってしまいました。


1バインダー襟0910

★パターン;パターンレーベルスマートタンク
★生地;ボーダー/ニット工房、襟/HANAMIZUKI
こちらは1ヶ月ほど前に作り、同じくかなり着込んだパターンレーベルさんのスマートタンクです。今まで敬遠していたバインダー処理でしたが、バインダー処理は洗濯に強いようで、ダランとはしませんでした。


ということで行き着いたのが、バインダー処理の襟元!

しかしながら去年の冬にも作りましたが、パタレさんの襟元は冬には少し開きすぎている気がします。
かといって襟を詰めてしまうと息子たちの頭は通りません。
…現に我が家の子達はRICKRACKさんのTシャツの型紙では頭が入りませんでした。

そこで、前回アップしたような開きを作る結果に至りましたー。


ちなみに頭の入らなかったRICKRACKさんのTシャツ。
仕方がないので襟元をほどき、開きを作ったものが以下のものです。
1カブトムシヘンリー2
1カブトムシヘンリー3
★パターン;RICKRACK
★生地;カブトムシ、襟/HANAMIZUKI、チェックの見返し生地/ユザワヤ
★ボタン;あさひこーげい
選んだ生地が度詰天竺という初挑戦の生地で伸縮性のほとんどない生地だったせいもありますが、着せたときはショックでした。。。
元の襟を解いて切った分(ロックの部分は根気がないのか解けなかったので生地端を切りました)、元の襟分の生地ではバインダー処理できずに、ロック仕立てにしてあります。10回くらい洗濯した後の状態が写真ですが、開きがあるので伸びてません。

浅い経験を踏まえた現在の所感としては、
頭の大きい子供の服に関して、
●頭が窮屈で伸びてしまうことを考えれば、開きを作る。
●量産するならロック仕立て。
●見た目をよくしたいなら手間はかかるがバインダー処理。

着用するときにどうしても襟元は伸びます。伸びることを計算して型紙はできているはずです。
大人と違って、子供のほうが頭が大きい分、伸びは大きい。
伸びを最小限にとどめる方法が、着古しても形を保てる方法かと思います。
また見た目に関して、市販のこども服もちょっとチェックしてみてください。
安いお店だとほとんどロック仕立てのものが並びます。ブランド服等高いお店で見るとバインダー処理のものが並んでます。

「手作り品だから」という、妥協はちょっと悲しい。
手間はかかっても、長く、形よく、ヘビーなサイクルで着てもらいたい。
子供たちと、そして作り上げた服たちの母としての親心です。(おおげさだわ
☆)






スポンサーサイト


2007/09/10 | 23:20
ハンドメイド/こども

 
Copyright © furaguran All Rights Reserved. Powered By FC2. 
Template Desingned by ちょwwwのけものオンライン?
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。